生理痛は鉄分不足が原因?

生理痛は鉄分不足が原因?

生理痛がひどいのであれば、もしかすると鉄分不足が原因かもしれません。鉄分が不足する事により、立ちくらみなどのトラブルが生じる可能性があるのは、女性の方ならご存知なのではないでしょうか。しかし、実は女性にとって大切な体の冷えも生じやすくなるのです。

体が冷えやすくなるとどうなるのかと言うと、体の冷えによって血行が悪化して生理痛がひどくなる場合があります。なので、血行を促進して生理痛を緩和することも重要だと言われています。なぜ鉄分不足で冷えが生じやすいのかと言うと、鉄分の不足によってヘモグロビンという酸素を運んでいる存在が不足してしまい、体に必要な酸素が不足してしまい、冷えが発生するというわけです。普段から寒気がする、手足が冷えやすいなど、自覚症状がある人は鉄分不足によって冷えが生じているかもしれません。

ストレッチをしたり、体を温めるなどの方法によって手軽に血行を促進する方法はあるのですが、それだけでは無く、鉄分もしっかりと補給することが大切です。それに、生理中は体内の血液も不足しがちな状態になり、ただでさえ貧血などのトラブルが起こりやすいのです。その上鉄分が不足していると貧血、立ちくらみなどの症状も起きやすくなりますので、鉄分の摂取は特に注意してみて下さい。

鉄分が不足すると、めまいや頭痛といった症状が起きやすくなります。また、髪の毛やお肌がパサつくなどのトラブルも起こりやすい為、女性も変化に気付きやすいはずです。それに、体温が低いと感じているのなら、鉄分が不足していることも考えられます。鉄分はほうれん草やレバーといったものから手軽に摂ることができます。ただ、せっかく摂取していても、普段の食事の内容が偏ってしまうと意味がありません。無理なダイエットなどによって栄養をほとんど摂らないなどの方法は絶対に止めましょう。鉄分だけでなく、基本的には栄養バランスのとれた食生活を送ることを心がけてみて下さい。