切迫早産での点滴と生理痛のような痛みについて

切迫早産での点滴と生理痛のような痛みについて

切迫早産になると、点滴を打つこともあります。また、対応が遅れると流産に繋がる恐れもありますし、状態によってはそのまま出産になる可能性も考えられますので非常に危険です。

切迫早産かどうかという事については、自分自身でも判断が難しいかもしれませんが、生理痛に似た下腹部痛を感じる人もいるようです。生理痛のような痛みがズキズキと続くのであれば気を付けた方が良いでしょう。生理痛のような痛みというのは、時期によっては陣痛の可能性もあるのですが、出産にはまだ早いような時期なのであれば特に注意が必要で、早めに受診することをオススメします。

また、切迫早産の場合は生理痛のような痛みだけでなく、お腹の強い張りを感じる人も多いのです。お腹の張りがいつもより強いと感じているのであれば、意識して下さい。受診をした時に切迫早産だと診断されると、状況によっては点滴を打つこともあるでしょう。さらに、そのまま入院という流れになる事もあるのです。状態が改善されれば退院して、出産まで待つということも考えられますが、場合によっては出産になるまでそのまま点滴を打ち、入院した状態で過ごす人もいます。不安な状態に陥るかもしれませんが、点滴を打つことで流産してしまう事もありませんし、安静に過ごすことができるでしょうから、その方が無事に出産を迎えられる可能性が高いのです。急に切迫早産だと言われると不安に思うのは当然でしょうが、赤ちゃんを無事に産む為だと思い、頑張ってみて下さい。

こう聞くと不安に思うかもしれませんが、切迫早産になった場合は早めに対応することが大切ですので、生理痛のような痛みを感じたり、お腹の強い張りを感じた場合には、受診したり、かかりつけの婦人科に電話をして状態を話してみましょう。