生理痛のツボはお腹にもある!

生理痛のツボはお腹にもある!

生理痛のツボというのはお腹にもあります。お腹であればちょっとした時に刺激出来るでしょうし、自分一人でも刺激しやすいというメリットがあるのです。また、生理痛によって下腹部に痛みを感じる場合、お腹にあるツボを刺激することで痛みが緩和される可能性もあります。

お腹には、生理痛に関するツボは多々あります。たとえば、関元というツボは非常に有名ですが、おへそから指4本分ほど下に位置しています。また、指から指2本分ほど下に位置しているのが気海(きうみ)です。さらに、関元から指1本分ほど下に位置しているのが中極(ちゅうきょく)というツボになります。

その他にも、中局から指3本分離れた位置の両側に存在しているのが帰来(きらい)というツボです。天枢(てんすう)というのは、おへそから指4本分ほど、左右離れた位置に存在しています。おへその直前上から、少し下に下がったところにありますので注意して下さい。

このように、おへその周辺に生理痛に効果的なツボが固まっていますので、まとめて刺激してみましょう。ただ、お腹はデリケートな部分ですので、あまり強く刺激しないことが大切です。親指を使って優しく、あまり痛みを感じない程度に刺激してみましょう。グルグルと円を描くようにしてみて下さい。

さらに、お腹が冷えることで生理痛が悪化するという特徴もあります。ツボを温めるだけでも効果は期待できますので、蒸しタオルなどを使ったり、湯船にゆっくりと浸かるなどして、生理痛が緩和できるようにしてみましょう。このように、お腹のツボを刺激するだけなら誰でも手軽に実践できるでしょうから、試してみて下さい。