生理痛のツボにお灸を利用して効果アップを目指そう

生理痛のツボにお灸を利用して効果アップを目指そう

生理痛に効くツボは全身にありますので、そのツボを刺激するように心がけることは大切です。もちろん、ただ刺激するだけでも良いのですが、実はツボにお灸を使用することで、さらに生理痛に対する効果を高めることができます。では、具体的な方法について紹介していきましょう。

ただ、背中に存在するツボの場合、自分でお灸をのせるのは難しいでしょう。なので、誰か身近な人に行ってもらいましょう。無理に自分でお灸をのせようとすると、火でヤケドをしてしまう可能性がありますし、布団などに燃え移るかもしれません。背中に使用するのであれば、火を使わないタイプのお灸もありますので、そのようなものを利用すると安心です。

自分一人でお灸を使用するのなら、お腹にあるツボがオススメです。たとえば、関元(かんげん)というツボは、おへその指4本分ほど下に位置しています。この位置なら、自分でもお灸を利用しやすいはずです。お腹が冷えやすい人に向いており、生理痛の改善にはお腹などを温めることが大切だと言われていますので、ぜひ試してみて下さい。

それから、足三里というツボもあります。これは、その名前の通り足に存在するツボで、足が疲れやすい人、むくみやすい人に向いています。胃腸の調子を整えるなどの効果も期待できますので、頭に入れておくと良いでしょう。

では、肝心なお灸はどのようにして手に入れるのかと言うと、ドラッグストアでも購入できますし、インターネット通販でも購入出来ます。インターネット通販なら、色々な種類のお灸が見つかるはずですので、探してみてはいかがでしょうか。中には煙が出ないもの、火を使わないもの、アロマの香りがするものなどがあります。特に、生理痛の改善にはアロマテラピーも効果的だと言われており、リラックス効果が得られるというメリットもありますので、生理痛で悩んでいる女性にオススメです。手頃な価格で購入できるものもありますので、まずは試しに継続してみて下さい。