生理痛のツボで手に存在するものは?

生理痛のツボで手に存在するものは?

生理痛に効果的なツボが手にあれば、ちょっとした時に刺激出来るというメリットが得られるでしょう。生理痛に効果的なツボは手に存在しますので、そのツボの位置を把握し、1日に何度か刺激してみて下さい。

たとえば、合谷(ごうこく)と言うツボがあります。これは、人差し指と親指の骨が丁度7交わる部分より、少し人差し指に近い部分に位置しています。手の甲部分であり、くぼみがありますので分かりやすいでしょう。これは、もちろん右手と左手に位置していますので、どちらのツボも刺激してみましょう。刺激方法ですが、親指で強めに刺激するだけでも良いですし、円を描くようにクルクルと刺激する方法でも構いません。いずれにしても自分で刺激しやすい場所ですので、意識して刺激することが大切です。

このツボは生理痛の緩和だけでなく、肩凝りや腰痛、頭痛の改善にも役立ちますので、このような悩みを抱えている人にもオススメです。

また、腎区というツボもあります。これは、手の平の真ん中よりも少し下、中指の下にありますので、刺激してみて下さい。ここは子宮に効果的だと言われていますので、生理痛の緩和に役立つと考えられています。

ツボを刺激すると、血行が促進されるというメリットがあります。血行の悪化によって生理痛はひどくなると言われていますので、体が冷えやすい人は特にツボを刺激した方が良いでしょう。また、生理痛に効くツボは足に多く存在しています。仕事中や外出中には少し刺激しづらいかもしれませんが、自宅に帰ってきてから、お風呂上がりに…など、ちょっとした時にできるだけ多くのツボを刺激すると更に高い効果が期待できますので、試してみて下さい。