妊娠初期は生理痛とつわりの判断が難しい?

妊娠初期は生理痛とつわりの判断が難しい?

妊娠初期には、まだお腹も膨らんでくるわけではありませんので、自分が妊娠しているかどうかという判断が難しいかもしれません。ただ、妊娠している可能性が少しでもある上に、生理が来ていないのなら、妊娠の可能性を疑う人もいるはずです。

妊娠初期というのは、生理痛とつわりの判断が難しいと感じる人もいます。最初は生理痛だと思っていたけれど、ずっと生理が来ないので不思議に思っていたら、実は妊娠していた、つわりだったという場合があるのです。なので、軽い吐き気のようなものであったり、食欲不振、熱っぽさなどを感じた場合は、生理痛では無く、つわりかもしれません。

また、妊娠初期には少し出血がある場合もあります。これは着床出血と言われるのですが、生理と間違う女性は多いでしょう。出血=生理という認識を持っているものでしょうが、着床出血の場合は生理の時と少し色が異なりますし、出血量もそこまで多くはありません。また、出血の期間も、長くて数日間の場合が多いですから、生理のように1週間ほど続くこともほとんどないでしょう。そのような点を考慮して、つわりなのか、それとも生理なのかを判断してみてはいかがでしょうか。

つわりが本格的に始まると、吐き気などで悩まされることが多いでしょうから、生理痛のように痛みは感じないはずです。それに、あまりにも何か月間も生理が来ないと不思議に思うでしょうから、もし妊娠の可能性があるのなら、検査薬などを利用して調べることをオススメします。いずれにしても、今まで妊娠したことがない人は、生理痛とつわりの判断が難しいでしょうが、今回紹介したような特徴をあらかじめ把握しておき、自分の症状と照らし合わせてみて下さい。