生理痛がひどいのなら辛い食べ物も避けましょう

生理痛がひどいのなら辛い食べ物も避けましょう

生理痛がひどい人は、食生活にも注意をすることが大切だと言われています。食事のバランスも大切ですが、実は辛いもの、辛い食べ物にも注意をする必要があるのです。辛い食べ物と生理痛は一見関係が無いように思えるかもしれませんが、実は辛い食べ物の食べ過ぎが、生理痛の悪化に繋がることもあるのです。

辛いものを食べると血行が促進されるので、体の冷えによって起こることも多い生理痛には良いような気がするかもしれません。しかし、実はその反対で、辛い食べ物は体への刺激が強すぎると為に、生理痛の悪化に繋がる恐れがあるのです。唐辛子などの本当に辛いものだけでなく、サンショウやコショウなどのような刺激物も避ける必要がありますので、生理痛がひどいという人は気を付けてみましょう。

また、辛いものを食べると汗をかくでしょうが、実はこれは体を温めているわけではなく、反対に体を冷やしてしまうものなのです。人間は暑い時に自然と汗をかくでしょうが、これは体温調節の為です。汗をかくことで体内の熱を体外に排出しようとしているので、体が冷えることになります。つまり、辛いものを食べて汗をかくことで、体が冷えてしまって生理痛の悪化に繋がることがあるのです。夏場なら体も温まりやすいので良いかもしれませんが、冬場はただでさえ体が冷えやすい季節ですので、辛いものを食べるのはできるだけ避けてみて下さい。

ただ、絶対に食べてはいけないわけではありません。夏場であったり、たまに食べる程度であればほとんど影響はありません。辛い食べ物が好きな人にとって、香辛料などを全て我慢するのは辛いことでしょう。結局それがストレスになってはいけませんので、注意してみて下さい。