産後の生理痛が辛いのはホルモンバランスの乱れが原因?

産後の生理痛が辛いのはホルモンバランスの乱れが原因?

妊娠する前は生理痛が軽かったという女性は多いようですが、産後に生理痛が辛くなったと感じる人がいるのも確かです。生理痛が軽いのは体質だと思っていた人は、産後に生理痛がひどくなると驚いてしまうかもしれません。しかし、産後の生理痛が辛くなるという人は多いですから、そこまで気にする必要は無いとも言われています。では、その理由について紹介していきましょう。

産後の生理痛が辛いのは、ホルモンバランスの乱れだと考えられています。妊娠をすると生理が無くなるのはホルモンの分泌量が変化する為です。出産した後は徐々にホルモンバランスが元に戻るのが一般的ですが、授乳中はまだホルモンバランスが妊娠中のような状態になり、生理が来ない人は多いのです。卒乳をすればホルモンバランスは元に戻るでしょうが、それまでには少し時間が掛かるのが普通なのです。なので、それまでの間は生理が来たとしても生理痛がひどかったり、生理周期が乱れるといったことが良くありますので、そこまで気にする必要は無いでしょう。

また、妊娠中は出産の為に骨盤が開いたり、歪んだりすることも多いのです。産後も骨盤の歪みや開きがそのままの状態で残った場合、体の血行が悪化して生理痛がひどくなる人もいます。なので、産後は意識して骨盤矯正のストレッチや骨盤ベルトなどを使用した方が良いでしょう。

時間が経って自分で努力をしても生理痛が辛いという状態が改善されないのなら、医師に相談してみた方が良いかもしれません。必ずしもホルモンバランスの乱れが骨盤の歪みなどが原因とは言い切れません。他の原因が潜んでいる可能性があるのなら、その原因を特定するために医療機関を受診することは大切です。