生理痛で仕事が辛い時に休んでも大丈夫?

生理痛で仕事が辛い時に休んでも大丈夫?

生理痛であまりにも動くのが辛い場合、仕事ができるのか不安だと思うこともあるでしょう。結局、動けない状態でなんとか仕事に行ったとしても、倒れてしまったりした方が人に迷惑を掛ける事になるでしょう。それに、無理をすると、仕事に行く途中にダウンしてしまう可能性もあります。ただ、いくら生理痛が辛かったとしても、それを理由に仕事を休んでも大丈夫なのかという点が気になるのではないでしょうか。

最近は、生理休暇を設けている会社もあるほど、生理痛に関して周囲も認めてくれるようになった傾向はありますが、どこに会社でも快く休ませてくれるとは残念ながら限りません。やはり、その分周囲に迷惑を掛ける事になりますし、熱も無いのに…と思う人もいるでしょう。特に男性の場合は、生理だからといって動けないというのは想像がつかないため、嫌味などを言う人もいるかもしれません。ただ、女性なら同じく生理痛が辛い人もいるはずですし、生理休暇を設けている会社なら、きちんと休ませてくれる場合もあるでしょう。こればかりはその会社がどのような対応をしてくれるのかにもよりますので、まずは同じ職場の女性に聞いてみてはいかがでしょうか。

それに、実際に生理痛で会社に行ったとしても、あまりにも辛そうなら周囲の人も分かるはずです。嘘でないと分かれば、生理痛が辛い間は休ませてくれることでしょう。嫌な思いをすることもあるかもしれませんが、無理は良くありません。やはり、生理痛が辛い時には安静にして過ごすことが一番です。無理をすると、結局辛いのが長引くだけという可能性もありますので、注意して下さい。

どうしても仕事が休めないようであれば、医療機関に相談してみるという方法もあります。医師に相談すると、場合によっては生理痛を緩和するために薬を処方してもらえるかもしれません。薬だけに頼るのは良くありませんが、生理痛の原因であったり、その他の緩和方法についてもアドバイスが受けられるかもしれませんので、結果的に会社を休まずに済むようになる可能性もありますので、検討してみて下さい。