生理痛を緩和するツボは手にもある!

生理痛を緩和するツボは手にもある!

今まで、自分で何気なく体にあるツボを刺激したことがある人もいるでしょうが、実は生理痛の緩和に役立つツボもあるのです。ただ、ツボの位置を自分で把握しておかなければならない為、実践する前から諦めている人もいるのではないでしょうか。しかし、生理痛を緩和するツボは手にも存在するのです。手なら自分一人でも簡単に刺激できますので、手なら範囲も狭い為、位置も把握しやすいというメリットがあるでしょう。そこで、生理痛の緩和に役立つ手のツボを紹介しますので、早速今からでもチャレンジしてみて下さい。

手にあるツボは合谷(ごうこく)というものです。これは、手の甲にあるのですが、親指と人差し指の骨の付け根の少し指先の方にあります。場所としても分かりやすいのではないでしょうか。親指と人差し指の骨が交わる部分だと言えます。刺激した時に、痛気持ち良いと感じる部分ですので、まずは自分で合谷の場所だと思われる部分を刺激してみて下さい。この部分を反対の手の親指を使って刺激するだけで構いません。3秒刺激してから、3秒離すといった方法を実践すると効果的だと言われていますので、意識してみましょう。

このツボは生理痛の緩和だけでなく、疲労解消にも効果的です。普段疲れやすい方、それから頭痛が起こりやすい方は試してみると緩和されるかもしれません。

生理痛を緩和するツボで手にあるのは残念ながら合谷だけなので巣が、全身として見た場合には、足やお腹など、様々な部分に存在しています。このような部分であれば、自分一人でも手と同じく刺激できるでしょう。手なら仕事中などでもちょっと刺激することができるでしょうが、それ以外の時には意識して、その他の部分にあるツボも刺激すると、生理痛に対する効果も高まるでしょう。ツボは健康維持、促進にも繋がると言われていますので、効果を把握して刺激してみて下さい。自分が他に気になる症状があるのなら、その症状の緩和に役立つとされるツボを探してみるのもオススメです。