Hcg注射で生理痛がひどくなるという噂について

Hcg注射で生理痛がひどくなるという噂について

婦人科でhcg注射を打つことを検討していたり、勧められている人もいるのではないでしょうか。Hcg注射はどのような時に打つのかというと、排卵が起こる前に打つことによって排卵を促すという作用があります。妊娠したいという場合には、排卵日を予測することが大切です。しかし、生理不順の人などは排卵日が分かりづらいという特徴があるのです。しかし、そのような人でもhcg注射を打つことによって受精卵が着床しやすい状態になり、妊娠しやすくなると言えるのです。Hcg注射を打つと、比較的すぐに排卵が起こるようです。2436時間程度で排卵が起こるとも言われていますので、排卵日が予測しやすく、妊娠しやすい環境を作ることができます。

しかし、hcg注射を打つことによって生理痛がひどくなるという方も多いのです。Hcg注射を打つことによって子宮内膜が厚くなるために、生理痛の痛みも強くなると言われています。なので、副作用が気になる人もいるでしょうが、妊娠したいという気持ちが強いのであれば、hcg注射を使用することも検討してみると良いでしょう。その際には、副作用に関する説明など、医師からきちんと受けることをオススメします。

また、どうしても不安という人は、まずhcg注射を打ってからどのような副作用が現れるのかを確認し、耐えられなければ別の方法を検討するといった方法もあります。人によって副作用の現れ方には違いがありますので、必ずしも耐えられないほど辛いとは限らないのです。ただ、中には吐き気、めまい、頭痛などがひどくなり、その上生理痛まで重なって耐えられずに治療を休むという人もいますので、その可能性は把握しておいた方が良いでしょう。

それでも、なかなか妊娠できないことが辛いと思っている人は多いはずです。妊娠しやすい環境作りをすることもできるのですが、それでも妊娠できないと悩んでいるのなら、婦人科を受診してhcg注射などの治療法について詳しい話を聞いてみてはいかがでしょうか。