生理の時の血の塊と生理痛について

生理の時の血の塊と生理痛について

生理痛が辛いだけでなく、生理の時に血の塊のようなものが出ると、女性は不安な気持ちになるでしょう。生理の時の出血の仕方というのは、人によって違いがあります。多少出血量が多い程度であれば、さほど気にする必要が無いかもしれませんが、毎回のように血の塊が出るという場合には注意した方が良いでしょう。

血の塊の状態を例えるのであれば、レバーのようだと感じる人もいるのではないでしょうか。レバーのような塊が出る場合、子宮筋腫や子宮内膜症などの可能性も考えられます。

子宮筋腫というのは、子宮の内側であったり、外側であったり、子宮の筋肉の中に筋腫が出来てしまう状態を指します。いずれにしても良性の筋腫ですので、それだけで死に至るという危険性はありませんので安心して下さい。ただ、放置することで筋腫はどんどん大きくなって、生理痛や血の塊以外の辛い症状が生じるようになる可能性もあるのです。

また、子宮内膜症というのは、月経の時に血が子宮口から正しく排出されずに、卵管を通って腹腔内に逆流してしまうことが原因で、子宮以外の場所に細胞が出来てしまい、様々な症状を引き起こすというものなのです。放置することで、どんどん血液が溜まってしまいますので、生理痛の痛みが強くなったり、血の塊が出やすくなると言えるのです。

このような病気は血の塊が出るというのも症状の一つではありますが、必ずしもこれらの病気とは限りませんので安心して下さい。ただ、生理痛があまりにもひどかったり、血の塊が出るという場合には、月経困難症の可能性もありますので、いずれにしても早く原因を突き止めるために受診した方が良いでしょう。

血の塊が出るのには必ず原因があるはずです。毎回のように出ていると、その分貧血になりやすいなどのデメリットもあるでしょう。その分鉄分を摂取すれば良いと自分で勝手に判断するのではなく、まずは原因を突き止めることが先決ではないでしょうか。