生理痛で下腹部がチクチクと痛む症状について

生理痛で下腹部がチクチクと痛む症状について

生理痛の時には、人によって様々な症状が現れるのですが、中には下腹部にチクチクとした痛みを感じる人もいるのです。下腹部がズキズキと痛む方が苦痛に感じると思うかもしれませんが、チクチクとした痛みをずっと感じるのも、意外と不快なはずです。それに、そのような生理痛の痛みを緩和する方法もありますので、放置するのではなく、効果が期待できるのであれば、まずは生理痛の緩和方法を実践してみると良いでしょう。

生理の時に、下腹部にチクチクとした痛みを感じるのであれば、病気の可能性も考えられます。たとえば、卵巣嚢腫という病気の可能性があるのですが、これは卵巣に嚢腫ができる病気であり、放置すればどんどん嚢腫が大きくなってしまい、様々な症状が現れるようになるのです。その自覚症状の一つが下腹部に対するチクチクとした痛みですので、注意が必要です。

しかし、卵巣嚢腫というのは自覚症状が少ないと言われている病気です。自覚症状が現れている頃には、結構嚢腫が大きくなっている可能性が考えられますので、早めに医療機関に足を運ぶことが大切です。しかし、下腹部痛だけですぐに病気だと想像がつかない人が多いからこそ発見が遅れがちであり、非常に危険だと言えるのです。

では、卵巣嚢腫の場合はどのような自覚症状があるのかと言うと、チクチクとした痛みだけでなく、肺便痛や性交痛、腰痛などが挙げられます。それに、生理の時以外の出血であったり、吐き気、頻尿などのトラブルが生じることもありますので、下腹部痛以外の自分の症状にも目を向けてみましょう。もしかしたら、自分で気づいていないだけかもしれません。

もちろん、チクチクとした下腹部痛を感じるからといって、卵巣嚢腫などの病気とは限りません。これを読むと不安に思うかもしれませんが、自分自身が病気かもしれないと意識することは大切です。もし病気でなければ安心できるのではないでしょうか。もし不安なら、医療機関に足を運んで検査を受けてみると良いでしょう。そうすれば、生理痛の原因が把握できるはずです。