生理痛の原因は病気がどうかチェックする方法

生理痛の原因は病気がどうかチェックする方法

生理痛の原因は不規則な生活習慣を送っていることが多いと言われていますが、それだけではありません。中には病気が原因で生理痛が悪化してしまう人もいるのです。しかし、生理痛がひどいからといって、すぐに病気の可能性を考える人は少ないでしょう。そうすると、結局病気が進行して自覚症状が現れてから気づくというパターンが多いため、非常に危険なのです。なので、生理痛がひどいということは病気のサインかもしれないという可能性をきちんと考えて、必要であれば医療機関を受診することが大切です。

生理痛の原因が病気かどうかチェックする方法があれば最も良いでしょう。たとえば、生理痛が悪化するだけでなく、特に下腹部痛を感じる場合は子宮内膜症の可能性があります。子宮内膜症が生じると下腹部痛が生じやすいという特徴がありますので注意が必要です。

また、生理の時に出血量が多いという点も子宮内膜症の特徴です。生理が始まってから数日間は出血量が多い人もいるでしょうが、その後も出血量が多い状態が続いたり、貧血で悩まされているような人は危険です。

それから、生理痛がひどい人に多いのが、月経困難症です。子宮の病気などが原因では無いにも関わらず生理痛が重い状態の事を指すのですが、自分では判断しづらいでしょう。ひどい吐き気、胃痛、腰痛、そして下腹部痛などで悩まされるという特徴がありますので、チェックしてみて下さい。

その他にも、生理痛が重い原因になる病気としては、子宮筋腫であったり、子宮頸がんなどが挙げられます。どれも女性特有の病気であり、子宮頸がんは40代、50代の人に特に起こりやすいですから注意しましょう。早期発見できれば、それだけ治るのも早くなり、生理痛も緩和されるはずです。病気と聞くと不安に思うかもしれませんが、生理痛の原因となる病気は死亡率も低く、きちんと治療を受ければ完治するはずですから、安心していざという時には治療を受けましょう。