子宮筋腫による生理痛の治療法は?

子宮筋腫による生理痛の治療法は?

実は、辛い生理痛の原因が子宮筋腫である可能性も考えられます。一般的に、ただの生理痛の場合は生活習慣の改善が重要とされていますが、子宮筋腫が原因なら、子宮筋腫を治療しなければ生理痛はいつまでも改善されないはずです。なので、子宮筋腫が原因の場合の生理痛の治療方法について紹介しましょう。

まず、子宮筋腫はどのような病気かという点についてですが、子宮に出来る良性の腫瘍を指します。この腫瘍の大きさは人によって異なりますが、放置することでどんどん大きくなる傾向にあり、腫瘍が大きくなれば、その分痛みなどの症状も増すでしょう。

子宮筋腫の場合、薬物療法が主となります。低用量ピルを利用して子宮内膜を薄くしたり、子宮内膜の増殖を抑制するGnRHアゴニストなどの薬を利用することが多いのです。まだ初期段階であれば、これらの薬物療法によって治療をすることも出来ますが、状態が進んでいる人の場合は手術をする場合もあります。手術をして、腫瘍を取り除く事になりますが、症状が悪化している場合は子宮ごと摘出する場合もあるのです。しかし、腫瘍だけで済む場合もありますので、そこまで不安に思う必要は無いでしょう。まずは受診をすることが大切です。

主にはこのような治療法がありますが、早期発見が出来れば薬物療法で済みます。生理痛がひどい状態が続いている人は子宮筋腫の可能性も考えられますので、放置するのは避けるべきです。それが、子宮筋腫であるサインかもしれません。生理の時以外でも下腹部に痛みを感じるような事が合ったり、生理の時に出血量が多いなどの症状が現れている人は、婦人科を受診してみましょう。子宮筋腫を治療することで、生理痛も改善出来れば安心できるはずです。手術をする可能性を考えると受診をするのが怖くなる人もいるでしょう。しかし、それ以外の治療法もありますので、きちんと医師と相談することも大切です。もし納得できないのなら、セカンドオピニオンという方法もありますので、じっくりと検討してみて下さい。家族に相談することも大切でしょう。