生理痛は漢方で治療をすることも可能

生理痛は漢方で治療をすることも可能

生理痛は医療機関で治療できますが、漢方を使用する方法もあります。医療機関を受診するのなら、薬を使用して治療をする事を想像する人が多いでしょう。確かに、一般的には生理痛を緩和する場合、ホルモン剤などを使用します。しかし、薬の副作用が気になる人、今まで他の漢方を服用していて漢方によって生理痛を緩和したいと思っている人は、医師に相談してみてはいかがでしょうか。

生理痛は婦人科で治療を受けることが多いですが、産婦人科の場合は妊婦さんの健診なども行っています。妊婦さんは普通の薬を服用すると胎児に影響を与える可能性があるため、一般的な薬では無く、漢方薬を処方することが多いのです。なので、産婦人科なら様々な漢方薬を扱っていますので、生理痛の緩和を目的とした場合でも処方してもらえる可能性があります。

ただ、誰でも漢方薬が処方されるわけではありません。生理痛の原因は多々考えられますので、漢方薬の処方が必要無いと判断される場合もあります。結局、生理痛の原因を取り除かなければ、漢方を服用したとしても効果が実感できない人は多いのです。その点は医師からもアドバイスを受けるでしょうが、自分でも生活習慣の見直しなどを心がけてみましょう。

では、生理痛がひどい時に緩和されるのはどのような漢方薬かと言うと、十全大補湯であったり、温経湯などが挙げられます。温経湯は体内の血行が悪化して体が冷えている人に向いていますので、冷え性の人はこのような漢方薬を処方されるのではないでしょうか。

生理痛によって受診した場合は、最初に問診があるはずです。その上で検査を行い、その人に合った治療法が提案されるという流れになるでしょうから、まずは婦人科を受診してみましょう。薬の話になった時に、漢方薬を希望していること、そしてその理由について説明してみて下さい。医師ならなるべくその人の希望に合った治療法を提案してくれるはずです。ただし、中にはきちんと相談に乗ってくれない医師もいるでしょうから、評判の良い医療機関を選ぶことも一つのポイントです。