生理痛の治療でピルを利用する場合の特徴

生理痛の治療でピルを利用する場合の特徴

医療機関で生理痛の治療を行う場合は、ピルを用いることもあります。ピルというのは避妊薬としても有名ですから、生理痛の治療よりは避妊薬というイメージの方が強い人もいるでしょう。そんなピルには様々な特徴がありますので、その特徴を把握した上で、生理痛の治療に用いるか否かを判断してみて下さい。

ピルというのは、体内の黄体ホルモンを補う目的で生理痛の治療に利用されます。生理の前にはホルモンバランスが変化することによって生理が始まるものですが、ホルモンバランスが乱れていると、生理痛が辛くなる傾向にあります。なので、ホルモンバランスを整える目的でピルを用いるのです。

ピルは生理痛の治療だけでなく、不正出血であったり、生理不順、子宮内膜症の治療など、様々な場面で用いられています。特に、女性は女性ホルモンの分泌量が多いという特徴がありますが、ホルモンの分泌異常によって起こることに対してピルが用いられるのです。

しかし、ピルには副作用があります。たとえば、乳腺が肥大することで胸が張るようになる、むくみやすくなる、太りやすくなる、心臓や血管に悪影響を及ぼすなどが挙げられます。ピルを服用することで血液を固める働きが作用するため、心筋梗塞や狭心症などが起こりやすくなるのです。なので、高血圧の方や喫煙者などは、ピルを利用しない方が良いとも言われています。

それから、カンジダ膣炎を引き起こしやすいという特徴もあります。膣内が酸性に傾きやすくなるため、炎症が起きて痒みを生じやすくなるのです。様々なトラブルが起こる可能性がありますので、もしおかしな症状が生じた場合には、ピルを処方してもらった医療機関に相談した方が良いでしょう。

このような副作用があるものの、生理痛に対する即効性は期待できますので、試してみてはいかがでしょうか。ただし、医療機関を受診したからといって、必ずしも治療にピルが用いられるわけではありません。きちんと医師と相談することが大切ですので、頭に入れておきましょう。