生理痛の鎮痛剤を飲むタイミングはいつがベスト?

生理痛の鎮痛剤を飲むタイミングはいつがベスト?

生理痛を緩和したいという場合には、鎮痛剤を飲む人もいるでしょう。しかし、鎮痛剤を飲むタイミングによって、効果の現れ方にも違いがあるのです。そこで、生理痛の鎮痛剤を飲むベストタイミングについてオススメしましょう。

医師から勧められているのは、痛みを生じる前なのです。痛みを感じるからこそ、その痛みを取り除くために鎮痛剤を飲む人が多いのではないかと思いますが、痛みを感じる前に飲んだ方が効果が実感しやすいという特徴があります。

それはなぜかというと、生理痛の痛みの原因となるのはプロスタグランジンという物質です。このプロスタグランジンは、生理が始まる少し前から分泌されるのです。鎮痛剤はプロスタグランジンの働きを抑制するという効果があるのですが、既に分泌されている状態で鎮痛剤を飲んだとしても、効果が実感しづらいのです。

しかし、プロスタグランジンが分泌される前に飲めば、たとえ分泌されたとしても痛みを感じにくくなるというメリットがあるのです。なので、生理周期が安定しているのであれば、いつ頃生理が来るのか把握できるはずですから、生理が来る前から鎮痛剤を飲んでみましょう。

ただ、生理周期が乱れている人は、いつ頃生理が来るのか分からないかもしれません。その場合は、生理が来てからすぐに鎮痛剤を飲んでみて下さい。痛みの感じ方には個人差があるでしょうが、生理が始まってすぐは、痛みが比較的軽いという人も多いでしょう。その段階で飲めば、早く効果が現れるはずです。

生理不順の人は、とりあえず毎日鎮痛剤を飲み続ければ良いと思うかもしれませんが、それは体に悪影響を及ぼしますので避けましょう。鎮痛剤は体に良いものではありませんので、飲まずにすめばそれが最も理想的なのです。なので、飲むとしてもできるだけ短期間だけで済むように、意識してみて下さい。そして、鎮痛剤に頼るだけでなく、生理痛の原因自体を取り除く努力もしてみましょう。