生理痛の鎮痛剤と医療機関で処方される薬の違いとは

生理痛の鎮痛剤と医療機関で処方される薬の違いとは

生理痛を緩和する場合、ドラッグストアなどで販売されている鎮痛剤を服用する方法もあるでしょう。医療機関に行く時間が無い人などは、市販の鎮痛剤を利用した方が手軽だと感じるはずです。しかし、生理痛が重い人で医療機関で処方される薬を利用している人もいるという現状もあります。これらには、どのような違いがあるのでしょうか。

一般的な鎮痛剤は、生理痛の原因となる物質の働きをブロックする役割があります。痛みの原因となる物質の働きが抑制されれば、それだけ痛みは感じにくくなるでしょう。しかし、鎮痛剤の種類によっては、なかなか効果が得られない人もいるはずです。やはり人によって症状の現れ方には違いがありますし、生理痛の原因は色々と考えられますので、効果が現れづらい人がいても不思議ではありません。それに、医療機関で処方される薬に比べると成分の配合量が少なく、効果が現れにくい場合もあります。副作用が生じる可能性もありますので、実は危険なこともあるのです。

一方、医療機関で処方される薬の場合は、その人の症状に合わせて処方されます。なので、効果が現れやすいという特徴があるのです。一人ひとり症状や原因が異なるからこそ、きちんと医師が検査を行って処方された薬を利用した方が良いでしょう。また、辛い副作用などが生じた場合は医師に相談して、別の薬に変更してもらうことも可能です。様子を見ながら自分に最も合った薬を見つけることができますので、医療機関で処方される薬の方が安心できるのではないでしょうか。

確かに、生理痛で毎月医療機関に通うのは辛いでしょう。しかし、医療機関に通うことによって辛い生理痛が少しでも緩和されるのなら、まずは通ってから判断してみてはいかがでしょうか。医師に相談するだけでもスッキリするかもしれませんし、原因が判明すれば薬を飲まなくても生理痛が緩和できる方法が見つかる可能性も考えられますので、安心して下さい。