生理痛の鎮痛剤の妊娠に対する影響は?

生理痛の鎮痛剤の妊娠に対する影響は?

生理痛がひどい時には鎮痛剤に頼りたくても、鎮痛剤の妊娠に対する影響が怖くて飲めないという女性もいるようです。もちろん、生理が来ているのであれば妊娠していないと言えますので、鎮痛剤を飲んでも問題は無いでしょう。しかし、生理が来てから鎮痛剤を飲むのではなく、生理が来る前に鎮痛剤を飲んだ方が効果が高いとも言われているのです。その方が、痛みの原因となる物質の働きが抑制できるというわけです。

しかし、生理が来る頃だと思って鎮痛剤を飲むと、実は妊娠しているという可能性も考えられます。生理が来る前から吐き気や下腹部の違和感を覚えることもあるでしょうが、これらは妊娠の症状としても挙げられるのです。鎮痛剤を服用したからといって、必ずしも胎児に影響を与えるわけではありませんが、やはり心配になるでしょう。確かに、絶対に無影響とは言い切れないのです。それに、妊娠中に薬は飲まない様にと医師から言われる場合もあります。なので、妊娠している可能性があるのなら、生理が来ていない段階で鎮痛剤を服用するのは避けた方が良いでしょう。もし生理が来た時に痛みがひどいようであれば、鎮痛剤を服用するのが1番です。

しかし、妊娠していることに気付かずに鎮痛剤を飲んでしまったとしても、問題が無い場合の方が大きいですから、そこまで不安に思うことは無いでしょう。しばらく経っても生理が来ないにも関わらず、妊娠のような症状が現れた場合には妊娠検査薬を使用してチェックし、妊娠しているのであれば医療機関を受診して下さい。そして、受診した際に、医師に妊娠中に鎮痛剤を服用したということを伝えておきましょう。妊娠初期は赤ちゃんの重要な部分が作られる時期でもありますので、何らかの影響を与えるのが不安な気持ちは分かります。妊娠している可能性が少しでもあるのなら、万が一のことを考えて、生理前に鎮痛剤を飲むのは避けましょう。もしどうしても生理前に鎮痛剤を服用したいのなら、医療機関を受診して相談する方法もオススメです。そうすると、胎児に影響が無い薬を処方してもらえることでしょう。