生理痛の悪化はタバコが原因?

生理痛の悪化はタバコが原因?

生理痛の悪化はタバコが原因である可能性も考えられます。女性でもタバコを吸っている人はいるでしょうが、タバコを吸っていて生理痛で悩んでいるのであれば、タバコが原因かもしれません。

タバコは体に悪いと言われていますが、血行不良を引き起こすこともその一つです。血行不良ぐらい大したことが無いと思うかもしれませんが、全身の血行が悪化すれば当然ですが体も冷えやすくなり、結果的に生理痛を悪化させてしまうのです。体の冷えも生理痛の大きな原因だと言われています。なので、生理痛を緩和するにはタバコを止めた方が良いでしょう。

血行不良を引き起こすのなら、タバコを吸いつつ血行を促進する努力をすれば良いと思うかもしれません。しかし、いくらそのような方法を試したとしても、タバコは体に害を与えてしまいますので、効果が実感しづらいはずです。生理痛は毎月悩まされることになりますので、本当に改善したいのならタバコを止めるべきでしょう。

しかし、長年に渡ってタバコを吸っていた人は、そう簡単に止められないはずです。その場合は徐々に量を減らしたり、禁煙グッズなどを利用してみてはいかがでしょうか。たとえば禁煙ガムや電子タバコといったものもあります。急に禁煙すると、それが大きなストレスとなる可能性が考えられます。ストレスを溜め込むと、それはそれでホルモンバランスの乱れに繋がるのです。そうすると、結果的に生理痛がなかなか緩和されないという状態になるでしょうから、そのような方法では無く、徐々にタバコを止めるという方法をとることをオススメします。

また、タバコは生理痛の悪化に繋がるだけではありません。肌荒れを生じるというデメリットもあります。血行不良によってお肌に必要な血液や栄養分が不足する事は決して良いことではありません。お肌がボロボロになるのは女性ならきっと避けたいでしょうから、美肌効果を得るためにもタバコを止めてみてはいかがでしょうか。