生理痛の痛みが男性でも分かる例え方

生理痛の痛みが男性でも分かる例え方

生理は当然ですが女性にしかありませんので、男性は生理痛の痛みを知ることが難しいでしょう。普段は生理痛の痛みを気にする必要は無いかもしれませんが、たとえば彼女であったり、奥さんが毎月のように生理痛で辛い思いをしているのを見るのは男性も辛いのではないでしょうか。それに、女性からすると男性は生理痛の痛みなんて分からない…と思われがちですから、余計に嫌な思いをするかもしれません。

しかし、生理痛の痛みが男性でも分かる例え方もあります。女性に聞くと例え方はそれぞれなのですが、たとえば二日酔いで気持ちが悪い状態がずっと続くような感じと答える人もいます。これは痛みとは異なりますが、男性にとっては辛いということが分かるのではないでしょうか。それに、生理痛によって吐き気が伴う人もいるのです。生理の間はずっと吐き気が続く…というのであれば、二日酔いの状態が続いているのと同じようなものですから想像しやすいでしょう。

また、男性にとって分かりやすいのは、急所を蹴られるという痛みではないでしょうか。これは反対に女性には想像がつかないものですが、とにかく激しい痛みというのは誰でも分かるでしょう。その痛みが一瞬では無く、最低でも23日は続くのです。そのことを想像してみて下さい。

また、腰痛や下腹部痛が激しい人は、お腹を刺すような痛みと例える人もいます。冷や汗が出るような、とにかくジワジワと辛い痛みが続くことになりますし、血液が体外に排出されているわけですから、その分貧血になりやすいのです。立ったままの状態でいるとフラフラと倒れてしまう人もいます。

ただし、生理痛の痛みは女性によっても違いますので、痛みがどの程度なのか気になるのなら、彼女や奥さんに直接聞いてみるのが一番でしょう。聞くことによって、それだけ心配していることが伺えますので、きっと良い方向に向かうはずです。何よりも、女性にとって生理痛の痛みに対して無関心なことが頭にくるものですから、心配していることを言葉や行動によって伝えてみて下さい。