生理痛による吐き気の対処法

生理痛による吐き気の対処法

生理痛がひどく、吐き気でも悩まされることもあります。生理痛は下腹部痛や腰痛といったように、痛みが生じるものだと思う人は多いでしょう。しかし、それは間違いであり、生理痛が原因で吐き気が生じることもあります。

吐き気が生じる原因は、生理の時に分泌されるプロスタグランジンという物質です。これは子宮を収縮させる作用があるのですが、子宮だけでなく胃や腸などの収縮も促進させるという作用があるため、それによって吐き気が生じてしまうのです。つまり、原因は下腹部痛などと同じプロスタグランジンという物質にあります。

また、生理痛によって吐き気が生じるだけでなく、生理痛がひどいために服用する鎮痛剤が原因である可能性も考えられます。鎮痛剤を服用すると胃腸に負担を掛けてしまうのです。それによって胃痛などを生じる人もいるでしょうが、胃に負担が掛かるために吐き気が生じる場合も考えられます。

では、生理痛による吐き気を改善するにはどうすれば良いかと言うと、まずは鎮痛剤を服用するのを避ける方法です。最も良いのは薬を飲まない方法ですが、それが難しいのなら鎮痛剤では無く漢方薬を服用した方が良いでしょう。その方が体への負担も少なくて済み、吐き気が予防できるかもしれません。

それから、カフェインを摂取すると胃腸に負担を掛けてしまい、吐き気も生じやすくなります。なので、カフェインが含まれている紅茶やコーヒーを飲むのも避けた方が良いでしょう。

最後に、ホルモンバランスの乱れによって吐き気も生じやすくなりますので、ホルモンバランスを整える努力をすることも大切です。ホルモンの分泌を手助けする食べ物や栄養素もありますので、食生活を見直して積極的に摂取してみましょう。

吐き気を防ぐ方法が思い浮かばない人もいるでしょうが、このように色々な方法がありますので検討してみて下さい。いずれも手軽に実践できる方法ですし、お金を掛けずに対処できますので安心して下さい。