生理痛による腹痛の対処法とは?

生理痛による腹痛の対処法とは?

生理痛がひどく、腹痛で悩まされる人もいるでしょう。腹痛と胃痛というのはまた違いがありますが、明らかに下腹部が痛い場合は子宮の収縮が大きな原因だと考えられます。生理の時には子宮の収縮を促すホルモンが分泌されるという特徴がありますので、どうしても避けられないことなのです。ただ、ホルモンバランスの乱れによって分泌量が増えると、その分子宮の収縮も強くなって腹痛を感じやすくなるという特徴があります。

では、この腹痛の対処法はどのようなことが挙げられるのかと言うと、基本的にはホルモンバランスを整えることが効果的です。ホルモンの分泌量が正常になれば痛みも感じにくくなりますので、安心して下さい。痛みを全く感じないように…ということは難しいでしょうが、ある程度は緩和されるはずです。

また、お腹が冷えることによって腹痛が生じやすくなるという特徴もあります。夏場はお腹を露出するようなファッションを好む女性もいるでしょうが、たとえ気温が高い夏場でもお腹を冷やすのは生理痛の悪化に繋がります。そして、冬場はできるだけお腹を冷やさないように、腹巻きを使用したり、キャミソールを着てお腹が冷えないようにするなどの工夫をしてみましょう。それだけでも随分と腹痛が緩和されるのではないでしょうか。

それでも痛みが良くならなかったり、少しでも早く痛みを解消したいという場合は、鎮痛剤に頼った方が良いかもしれません。鎮痛剤を飲むことで生理痛の根本的な原因が取り除かれるわけではありませんが、痛みの原因となる物質の働きを抑制することはできます。そうすれば、辛い痛みを我慢する必要は無くなるでしょうから、とにかく痛みをなんとかしたいと思っているのであれば、まずは鎮痛剤を飲んでみましょう。できれば、医療機関で薬を処方してもらうことをオススメします。

このように、生理痛による腹痛の場合もいくつかの対処法がありますので、ぜひ実践してみて下さい。