生理痛で仕事を早退することについて

生理痛で仕事を早退することについて

生理痛が理由で仕事を早退することに関して嫌だと思う女性は多いでしょう。やはり早退するということは少なからず周囲にも迷惑を掛ける事になるでしょうし、人の目もあるでしょうから、できれば早退せずに済むのが最も良いはずです。ただ、生理痛があまりにも辛い人もいますので、どうしても我慢できずに安静に過ごしたいという思いから、やむを得ず早退する人もいるでしょう。その時の周囲の反応は、会社によりますので一言では言えません。やはり早退せずに済むのが最も理想的ですから、中には嫌な顔をする人もいるでしょう。しかし、できるだけ迷惑を掛けないように心がければ、そこまで嫌な顔をされたり、嫌なことを言われたりせずに済むのではないでしょうか。

たとえば、事前に生理予定日が分かっているのであれば、予定日が近づいた時に出来る限り人に迷惑を掛けないように仕事を片付けておく…などの方法があるでしょう。ただ、生理痛がひどい人はホルモンバランスが乱れている傾向にありますので、ホルモンバランスの乱れから生理周期が乱れている可能性も考えられます。そうなると予定日を想定するのも難しいでしょうから、事前に誰かに生理が来た時に早退する可能性があることを相談しておくのもオススメです。男性には相談しづらいかもしれませんが、女性なら気持ちが分かる人が多いはずですから、相談しておくと快く対応してくれるかもしれません。

なかなか毎回頼むというわけにはいかないかもしれませんので、どうしても…という時には早退するのも仕方がないでしょうが、できるだけ生理痛を緩和する努力も実践してみて下さい。生理痛が全くなくなるというわけにはいかないかもしれませんが、早退せずに済むようになるかもしれません。自分でも工夫をしながら、早退することも想定して会社に勤めた方が良いでしょう。特に、生理休暇が設けられているような会社であれば比較的早退しやすい傾向にあるでしょうから、まずは生理休暇が取れる環境なのか否かを確認してみましょう。