生理痛による早退と会社の反応

生理痛による早退と会社の反応

生理痛が原因で会社を早退した経験のある女性もいるのではないでしょうか。なんらかの病気が原因なら仕方がないと思えるかもしれませんが、原因が生理痛となると、早退をすることに抵抗を感じる人もいるでしょう。また、会社の反応も気になるのではないでしょうか。

最近は生理休暇が設けられている会社もありますので、そこまで生理が原因で早退したり、会社を休むことが悪いというような印象では無くなってきているかもしれません。しかし、実際に生理休暇が取れるのは一部の会社であり、多くの場合は生理が理由で休むことは難しいかもしれません。また、正直に生理痛が原因とは言いにくいことから、体調不良で…と言って休む女性も多いでしょう。

ただ、生理痛がひどい人は毎月のように体調を崩し、早退したり会社を休む必要が出てくるかもしれません。そうすると、ただの体調不良とは言いにくいでしょうから、いつかは正直に生理痛がひどくて…と言う必要が出てくるはずです。その時の会社の反応ですが、実際のところは会社によって様々です。すんなりと受け入れてくれるところもあれば、嫌な顔をされたり、嫌味を言われる場合もあります。なので、実際に言ってみなければ分からないでしょう。

また、さらに気になるのが同僚や上司の反応かもしれません。たとえ上司がすんなりと対応してくれたとしても、同僚の男性からは嫌な顔をされる可能性があります。自分の仕事を誰かが引き受けることになりますので、少しは嫌な顔をされるのも仕方がないことかもしれません。それに、同じ女性でも生理痛が軽いと、生理痛が理由で会社を早退することが信じられない…という対応をする可能性も考えられます。

毎回早退などをする必要のある女性は、嫌な思いをせずに済むように、早めに生理痛を緩和する方法を実施してみましょう。必要があれば婦人科に足を運んで生理痛がひどい原因を突き止めたり、治療を受けた方が良いのではないでしょうか。生理は毎月のことだからこそ、多くの女性の悩みとなるはずです。悩むとそれがストレスとなって余計に生理痛を悪化させる場合もありますので、できるだけ早く緩和できるように努めてみましょう。