生理痛による腰痛と背中の痛み

生理痛による腰痛と背中の痛み

生理痛によって腰痛や背中に痛みを生じる人もいますが、それと同時に下腹部痛も…となると誰でも辛いでしょう。毎月そのような思いをするのであれば、医療機関を受診してきちんと検査や治療を受けた方が良いのでは?と思うかもしれません。確かにその通りなのですが、その理由について紹介しますので、迷っている人は参考にしてみて下さい。

生理痛によって生じる腰痛や背中の痛みの原因はホルモンバランスにあります。何らかの理由によってホルモンの分泌量が減ったり増えたりすることでバランスは乱れてしまい、様々な痛みを引き起こすことになるのです。腰痛や背中の痛みもそれが原因だと考えられます。しかし、あまりにもホルモンバランスが乱れているとただの生理痛では無く、月経前症候群や月経困難症などの病気になる可能性もあるのです。これらの場合も原因はホルモンバランスの乱れにありますので、治療によってホルモンバランスを整えることができれば自然と症状は改善されるでしょう。しかし、月経困難症などの場合はそう簡単に改善されるわけではありませんので、場合によっては婦人科で治療を受けた方が良いでしょう。

治療を受けるべきか否かは自分で判断するのが難しいでしょう。腰痛や背中の痛みを我慢するのが辛いのであれば、自力でなんとかするよりは医療機関を受診して治療を受けた方が、早く痛みから解放されますのでメリットは大きいはずです。ただ、どうしても受診するのに抵抗を感じるのなら、まずは自分ができるホルモンバランスを整える方法を実践することから始めると良いでしょう。

また、場合によっては他の病気である可能性もありますので、治療を受けるかどうかは別として検査だけでも受けてみると気分的にもすっきりするのではないでしょうか。やはり自分の中でモヤモヤとした気持ちを抱えるのは辛いでしょうし、意外と大きなストレスになりますので、放置しない方が良いかもしれません。その点も含めて検討してみて下さい。