生理痛で背中が痛いのは大丈夫?

生理痛で背中が痛いのは大丈夫?

生理痛によって背中が痛いと、何かおかしいのではないか?と不安に思うこともあるでしょう。確かに一般的に生理痛と言えば下腹部痛が生じることが多いのですが、背中に痛みを感じる人もいます。背中だけでなく、腰痛などを生じることもあり、体中が痛いと感じる人もいるほどです。なので、背中が痛いというだけで不安に思う必要はありません。

背中が痛い原因はホルモンバランスの乱れにありますが、あまりにも痛みがひどい場合はホルモンバランスの乱れによって起こる月経困難症の可能性が考えられます。月経困難症になると下腹部痛だけでなく、背中などにも痛みを生じるようになり、日常生活に支障をきたすことになるはずです。なので、耐えられないような痛みを感じるのであれば、ホルモンバランスを整える努力をすることをオススメします。

たとえば、ホルモンが過剰に分泌されているのであれば、機能性月経困難症である可能性があります。ホルモンの分泌量が多いと生理の時に強い痛みを生じるようになりますので、背中にも痛みを生じるようになるのです。

もし月経困難症だった場合は、ホルモンバランスを整える治療をすることになるでしょう。自分でも生活習慣などを見直す方法がありますが、月経困難症の場合はそう簡単にホルモンバランスが整わないでしょうから、婦人科で薬を処方してもらうなどして本格的に治療を受けた方が、早く改善されるはずです。ホルモンバランスを整える薬もありますので、血液検査によってホルモンバランスが乱れていると判断された場合は、そのような治療を受けることになるはずです。

低用量ピルが用いられることも多いですし、もし副作用が気になるのであれば漢方薬という方法もあります。漢方薬なら体への負担も少なくて済みますので、安心して利用できるのではないでしょうか。

また、背中が痛い場合は子宮筋腫である可能性もありますので、その可能性も含めて、婦人科を受診して詳しい検査を受けるのが1番でしょう。その後でどのような治療を行うのかどうかについては、医師と相談することをオススメします。