生理痛で背中に痛みを感じる場合

生理痛で背中に痛みを感じる場合

生理痛の痛みというのは、下腹部痛のことを指すと思っている人が多いようですが、それだけではありません。生理痛が原因で腰痛が生じることもありますし、背中に痛みを感じる場合もあるのです。

通常、生理痛独特の痛みはホルモンバランスの乱れによって生じるものであり、その影響で背中にも痛みを感じる人はいます。しかし、原因はホルモンバランスの乱れだけでなく、婦人病である子宮筋腫が原因で生じることもあります。3040代の女性に多く生じるという特徴がありますので、もしその年代で背中にも痛みが生じたのであれば、子宮筋腫についても疑った方が良いかもしれません。また、子宮筋腫の場合は背中の痛み以外に、不正出血や月経過多などの症状も多く見受けられます。生理の時の出血量が多かったり、月経の時以外に出血が見られるようであれば、受診して原因を特定した方が良いでしょう。

また、月経困難症の可能性も考えられます。これは簡単に言うと生理痛がひどい人のことを指すのですが、日常生活に支障をきたすこともありますので軽視できません。月経困難症の場合は、背中の痛みだけでなく、腰痛や下腹部痛、吐き気などの症状が現れますので、チェックしてみて下さい。そのまま放置すると、さらに色々な症状が現れる事もあるのです。ホルモンバランスの乱れが原因ですから、バランスを整える努力が必要なのです。場合によってはホルモンバランスを整えるために薬を処方してもらった方が良いこともありますので、その点もできれば婦人科を受診して治療が必要なのか否かを確認した方が良いでしょう。

やはり背中に痛みを感じるのは辛いでしょうし、じっと座っているだけでも嫌なはずです。それならできるだけ早く改善するために、まずは原因を特定することから始めてみて下さい。ホルモンバランスの乱れなどによって背中に痛みが生じる場合は湿布では治りませんので、自分で改善するのは難しいはずです。少しでも早く痛みを緩和する努力をしてみて下さい。