生理痛があり生理がこない陰性の場合は?

生理痛があり生理がこない陰性の場合は?

生理痛に関する悩みを抱えている女性は多いでしょうが、その中には生理痛のような痛みがあるにも関わらず生理がこない状態で悩んでいる人もいるようです。生理がこない場合に考えられるのは妊娠ですが、妊娠しているか否かを調べるためには妊娠検査薬を使用する方法があります。妊娠検査薬を試すと99%以上の確率で妊娠しているか否かが分かりますし、医療機関を受診しなくてもドラッグストアなどで購入してすぐに調べられますので、妊娠しているかどうか不安な人は試すことがあるかもしれません。

しかし、妊娠検査薬を使用しても陰性だった場合は、妊娠していない可能性が高いということです。それなら、なぜ生理がこないのか、生理痛のような痛みが生じるのか余計に不安に思うのではないでしょうか。

それには様々な理由が挙げられますが、生理が遅れている場合は生理不順ということになります。どれくらい本来の生理周期とのずれが生じているのかにもよりますが、数か月間生理が来ていない場合は確実に生理不順だと言えます。

生理不順の原因は大きく言うと生活習慣が影響していることが多いですから、まずは生活習慣を見直してみましょう。大きなストレスを抱えていたり、睡眠不足の状態が続いたりするだけでも生理不順になることは珍しくないのです。

また、病気の可能性も考えられます。特に、生理痛のような痛みだけはあるのなら、ホルモンバランスが乱れていると判断出来ます。婦人病の場合は生理痛のような下腹部痛を生じたりすることも多いですから、注意が必要です。もちろん、必ずしも病気とは言えませんが、もしその可能性があるのなら婦人科を受診して詳しい検査を受けた方が良いでしょう。ただ生理不順なだけでもきちんと受診して治療を受ける女性も多いですから、不安に思う必要はありません。それだけでなく、痛みを生じている場合は大きなトラブルが生じている場合も考えられますので、放置しないで下さい。