生理痛が生理じゃないのに生じるのはなぜ?

生理痛が生理じゃないのに生じるのはなぜ?

生理じゃないにも関わらず、生理痛のような痛みが生じる場合もあるようです。基本的に、生理痛は生理の時にホルモンバランスが乱れることによって痛みを感じることになるため、生理ではないにも関わらず痛みを生じるのは何かしらの原因があると考えられます。ただ、生理痛のような痛みがどのような時期に生じるかも1つのポイントとなります。

たとえば、生理の1週間ほど前に痛みが生じる場合は、月経前症候群である可能性があるのです。月経前症候群も生理前にホルモンバランスが乱れることによって痛みなどの様々な症状が現れますので、生理ではなくても痛みを感じることになります。

また、月経前症候群以外にも生理では無いにも関わらず、痛みを感じる原因はあります。子宮筋腫や子宮内膜症などの婦人病は、生理痛のような痛みを伴うのです。また、不正出血が生じる場合もありますので、生理以外の時に出血が無いか否かもチェックした方が良いでしょう。また、痛みも下腹部だけでは無く、腹部や骨盤周辺などに生じる場合もありますので、痛みがどのような部分に生じているかも判断材料の1つとなります。

病気が原因の場合は、放置することで痛みが増してくるはずです。また、痛みが一時期だけでなく、毎日のように続く場合も要注意ですから、自分の症状をきちんと見極めてみましょう。それでも自分で原因を特定することはできないでしょうから、症状を自分で把握した上で医療機関に足を運んでみて下さい。そうすれば医師も判断しやすいでしょうし、スムーズに診察も進むはずです。

その他に気になる症状として発熱も挙げられます。発熱が生じている場合は、骨盤内関節症を引き起こしているかもしれません。たとえば、クラミジアもその1つです。クラミジアは性感染症であり、女性も感染する可能性は充分にありますので注意が必要です。陰部にかゆみを感じるなどの症状があるのなら、検査を受けた方が良いでしょう。クラミジアの検査を受けるのが恥ずかしいのなら、自宅で検査できるキットもありますので、検討してみて下さい。