生理前に生理痛の薬を飲んでも効果がある?

生理前に生理痛の薬を飲んでも効果がある?

生理の時に、生理痛がひどい為に鎮痛剤などの薬を服用する人は多いでしょう。しかし、痛みを感じてから薬を飲んでも効果が実感しづらいと悩んでいる人もいるはずです。それなら、生理前に生理痛の薬を飲んだ方が効果が現れやすいのでは?と思うかもしれませんが、実際のところはどうなのでしょうか。

生理前に生理痛の薬を飲む人もいるようです。確かに、鎮痛剤は痛みを抑制・緩和する効果が期待できますが、痛みを感じてから飲むよりは感じる前に飲んだ方が痛みを感じずに済む可能性があります。しかし、生理周期が明確でない生理不順の人は、長期間に渡って薬を飲む必要が出てくるでしょう。生理周期が安定しているのなら生理予定日が把握できるでしょうから、その少し前から飲み始めると良いかもしれませんが、そうでないのであれば、事前に飲まない方が良いかもしれません。やはり、毎日のように薬を飲むのは良いことでは無いのです。

但し、月経前症候群で悩まされているのであれば、生理前に薬を飲んだ方が効果は実感しやすいでしょう。月経前症候群は、生理前のホルモンバランスの乱れによって頭痛や下腹部痛、腰痛などの様々な症状が現れるのです。人によって症状は異なりますが、痛みを感じるのであれば鎮痛剤が効果的です。鎮痛剤の場合は痛みの原因となるプロゲステロンやエストロゲンの働きを抑制できますので、たとえ生理前であっても効果が実感しやすいという特徴があります。

実際に月経前症候群で悩んでいる女性は多いですから、それなら生理前でも鎮痛剤を飲んでみましょう。痛みを我慢するのは良くありませんし、月経前症候群は痛みだけでなく、精神的な症状が現れることもありますので辛いはずです。それなら薬に頼って、できるだけ症状を緩和した方が安心できるはずです。女性は色々と悩まされることはあるでしょうが、時には薬にも頼りながら、生理痛を緩和することが精神面の安定にも繋がるはずです。それでも痛みが緩和されないようであれば別の要因も考えられますので、受診することも検討した方が良いかもしれません。