生理前の性交によって生理痛は悪化するのか?

生理前の性交によって生理痛は悪化するのか?

生理前に性交すると、生理痛がいつもより悪化したと感じる女性もいるようです。しかし、実際に生理前に性交したことによって生理痛が悪化するという確かな根拠はありませんので、そこまで心配する必要は無いでしょう。ただ、生理前の性交によって悪化したと感じる人が多いのですから、根拠が無いとしても生理痛が悪化したと感じるのであれば、何かしらの原因があるはずですので原因を探ることも大切でしょう。

色々な憶測があるのですが、生理前の性交によって子宮に刺激が加わることにより、生理痛がひどくなるのでは?という噂もあります。また、生理前になると子宮が下に下がってくるのですが、そのような状態の時に子宮に刺激を与える行為をするため、痛みがひどくなる可能性も考えられます。

ただ、中には性交によって生理痛が緩和されたと感じる人もいます。性交によって女性ホルモンが分泌されるようになったり、心が満たされることによってホルモンバランスが整って生理痛が緩和される可能性もあります。生理痛はホルモンバランスの乱れによって悪化しますので、確かにそのような効果が得られたとしてもおかしくは無いでしょう。

絶対に性交によって生理痛が悪化したり、緩和したりするとは言い切れませんので、もし生理前の性交によって生理痛がひどくなったと感じたとしても、性交が原因と決めつけない方が良いでしょう。たまたまそのタイミングで生理痛の悪化に影響するような出来事があったり、睡眠不足の日々が続いていたりした可能性もあるのです。もし自分で原因が分からなかったり、耐えられないほど生理痛がひどくなった場合には、婦人科を受診して原因を突き止めることも考えてみてはいかがでしょうか。性交が原因だと思い込んでいると、生理痛がひどくなることに抵抗を感じて、拒否してしまう人もいるかもしれません。原因がはっきりとしていないにも関わらず、恋人との関係が悪くなったり、心配させるようなことが無いようにした方が良いのではないでしょうか。恋人のことも考えながら、もし不安なら相談してみても良いでしょう。