生理痛と睡眠不足の関係性について

生理痛と睡眠不足の関係性について

生理痛の原因は多々挙げられますので、自分の生理痛が重い原因が何なのか分からないという人もいるでしょう。その場合、もしかすると睡眠が大きく影響しているかもしれません。

生理痛と睡眠には深い関係性があるのですが、女性は睡眠不足の状態が長く続くことにより、ホルモンバランスが乱れて生理痛が悪化することがあるのです。女性でも毎日仕事をしている人は残業続きで、なかなか夜早く寝ることが難しい場合もあるでしょう。1日、2日であれば問題は無いでしょうが、睡眠不足の状態が長く続くことでホルモンバランスが徐々に崩れてしまいますので、なるべく睡眠をしっかりとるように心がけることが生理痛の緩和にも影響するのです。

また、人間は睡眠不足の状態が長く続くと、イライラするものでしょう。ストレスも自律神経のバランスを乱れさせ、ホルモンの分泌量の変化に影響するため、色々な意味で良くありません。精神的にも良い影響はありませんので、忙しくてなかなか充分な睡眠がとれないかもしれませんが、意識して30分でも1時間でも早く寝ることが、生理痛の緩和に繋がるはずですので、努力してみて下さい。

夜の10時から夜中2時にかけてはホルモンの分泌量が活発な時間帯ですし、美肌効果も期待できるのです。この時間帯に睡眠がとれればベストですので、この時間帯を意識してみましょう。

また、睡眠が充分にとれないようであれば、睡眠の質を高める努力をしてみてはいかがでしょうか。睡眠時間が長くても、眠りが浅いと効果が実感しづらいのです。短い時間でも質が高い睡眠がとれれば効果は期待できますので、深い眠りに付ける方法を把握しておきましょう。

たとえば、夜寝る前に温かい飲み物を飲んだり、ぬるめのお風呂に入る、暗い場所で過ごすなどの方法があります。反対に目が冴えるようなことをすると、なかなか寝付けなくなる可能性がありますので注意して下さい。

このように、睡眠に関するポイントは多々ありますので、生理痛で悩んでいる人は全て実行できなくても構いませんので、自分でできる範囲内でチャレンジしてみましょう。