生理痛は水分不足が要因なのか?

生理痛は水分不足が要因なのか?

生理痛の原因として挙げられるのが水分不足です。美容・健康のためには水分を1日に2リットル摂取するのが良いと言われていますが、実際はそれほど水分を摂取していない人は多いのではないでしょうか。水分不足がなぜ生理痛に影響するのかと言うと、血液中にも水分は含まれていますが、水分が不足することで血流が悪化し、血液がドロドロになって血行が悪化するからなのです。血行が悪化すれば体が冷えてしまい、代謝も落ちてホルモンバランスが悪化し、生理痛もひどくなる可能性があります。

生理痛の原因は生活習慣が大きく影響していると言われており、特に食生活は重要だというのは有名な話でしょう。食生活と言うと栄養のバランスを考慮することが多いでしょうが、意外と忘れがちなのが水分なのです。いくら栄養を摂取していても、血流が悪化すればなかなか生理痛が緩和されない場合もありますので、意識して水分は摂取しましょう。

水分については先ほども述べましたが、1日に2リットルほどが理想的です。できるだけ多く摂取した方が良いと思うかもしれませんが、あまりにも多すぎるとむくみなどにも影響して良くありませんので、ほどほどにしましょう。

摂取する水分は普通の水道水でも良いのですが、それよりもミネラルウォーターの方が良いでしょう。ミネラルウォーターの方が、当然ですがミネラル分も豊富に含まれていますので、生理痛の緩和に効果的な可能性があります。また、炭酸水も生理痛の緩和に効果的ですから、意識して摂取してみてはいかがでしょうか。

水分を摂取することにより、美肌効果も期待できます。お肌にとって水分も欠かせない存在であり、お肌の潤いが維持できることでしょう。ミネラルウォーターならカロリーもありませんので太る可能性もありませんし、メリットは多々あります。水分と言っても甘いジュースなどは逆効果となる可能性がありますので、普通の水やお茶などを摂取するのがオススメです。