生理痛は水分補給がポイント

生理痛は水分補給がポイント

生理痛が悪化しているのは、体内の血液の流れが悪いことが原因かもしれません。血液の流れを促進するためにはある程度の水分が必要になりますが、水分の過剰摂取によって血液の流れが悪くなる事もあるのです。

人によっては毎日水分を摂り過ぎている場合もあるでしょうが、過剰に摂取することによって棚井で上手く消化しきれず、それが体内に溜まることによって血液の流れが妨げられてしまう場合があります。

では、水分の摂り過ぎかどうかはどのように判断すれば良いかと言うと、いくつかのチェックポイントがあります。たとえば、足・顔などがむくみやすい人、おりものが水っぽい、下痢が続く、胃もたれすることが多い、頭痛が続くなどのポイントが挙げられますので、自分に当てはまるかどうか考えてみて下さい。

特に女性が気になるのはむくみだと思いますが、見た目が悪いだけでなく、体にも良い影響はありません。むくみを解消するには、血行を促進するためにマッサージをすることも効果的ですので、まずは実践してみましょう。また、トイレを我慢することがないようにして下さい。夜はできれば半身浴をして、体内の水分をなるべく多く排出することも大切です。ただし、半身浴をすると想像以上に水分が出て行く可能性があります。そうすると脱水症状を引き起こす場合もあるため、半身浴が終わった後は、コップ1杯の水を飲むようにしましょう。

むくみなどが解消されるまでは、意識して水分の摂取量を少なくすることが大切です。ただし、喉が渇いた時に我慢するのは避ける必要がありますので、喉が渇いた時にはきちんと摂取し、夜寝る前にも水を飲みましょう。夜寝ている間はコップ1杯分の水が汗となって排出されていますので、寝る前に補うことが大切です。

このように、水分補給が生理痛の悪化に大きく関係している可能性がありますので、水分の摂り方を見直してみましょう。そうすれば、生理痛が緩和されるだけでなく、むくみや下痢、頭痛などの毎日のように悩まされている症状も緩和されるのではないでしょうか。