生理痛で激痛が生じるのはストレスが要因なの?

生理痛で激痛が生じるのはストレスが要因なの?

生理痛で激痛が生じる場合はストレスが要因の可能性もあります。ストレスが要因の場合は、生理中だけでなく、生理前にも下腹部痛などが生じることもあります。痛みの特徴としては、お腹が張ったり、ズキズキとするような激しい痛みを伴うことになりますので、自分の生理痛の特徴と比較してみましょう。

また、ストレスが原因の場合は、その他にも乳房の痛みやのぼせ・イライラなどのように、色々な症状が現れる可能性があるのです。さらに、出血量は少な目ですが、出血時に血の塊が出る場合もあります。生理の時の症状によって原因を見極める方法もありますので、まずはそのような部分からチェックしてみて下さい。

女性も普段仕事をしている人は余計にストレスを感じやすいでしょう。もちろん、育児や家事をする場合も思い通りに行かなかったりするとイライラする事もあるはずです。それを自分一人で抱え込んでしまうのは良くありませんので、ストレスを解消することは大切です。

もしストレスが原因だと考えられるのなら、ストレスを解消する努力をしてみましょう。イライラしている時には深呼吸をして、まずは気持ちを落ち着けます。そして、ストレスは生理痛を悪化させることを思い出し、解消する努力をしてみて下さい。思い切り大声を出して叫ぶ方法でも良いですし、スポーツを楽しむのも良いでしょう。やはり友人と遊んだり、食事に行って話をするだけでもリラックスできるでしょうから、ストレス解消法をいくつか用意しておくのがオススメです。

上手くストレスを解消できない人もいるようですが、ストレス解消法は多々あります。インターネットなどでも検索して、情報を収集してみましょう。その上で自分に合った方法を見つけ、実践してみてはいかがでしょうか。もちろん、生理痛で激痛が生じる場合はストレスだけが原因とは限らず、普通の生理痛では無く月経前症候群などの可能性も考えられます。もし症状が緩和されないようであれば、婦人科を受診して病気などが要因では無いのか、きちんとチェックしてもらった方が良いかもしれません。