生理痛の悪化はストレスの影響?

生理痛の悪化はストレスの影響?

生理痛がひどくて悩んでいる人は、まず原因が気になることでしょう。生理痛の原因は多々ありますので、一概には言えませんが、ストレスが影響を与えている可能性は考えられます。

人間はストレスを感じることにより、アドレナリンなどのホルモンが分泌されます。そうすると体温が低下してしまい、プロスタグランジンという生理痛の悪化の原因となるホルモンも分泌されてしまうのです。これにより、生理の時には下腹部痛などの痛みが強くなってしまうというわけです。もちろん、体の冷えも生理痛の悪化に影響しますので、ストレスを感じることはそれだけ生理痛に悪影響を及ぼすと言えます。

ストレスを感じないようにすることができれば最も理想的ですが、それが難しい場合はストレスを解消することを心がけましょう。また、ストレスを感じた時のために、普段から体を冷やさない努力をすることも効果的ですので、実践してみて下さい。特に生理の時には体を冷やさないことが大切ですが、たとえばナプキンを普通の市販のものを使用するのではなく、布ナプキンに替える方法があります。

布ナプキンを使用することで温かみがあり、お腹などを冷やさずに済むのです。洗うのが面倒に感じるかもしれませんが、体を冷やさないために女性は布ナプキンを使用した方が良いと言われているほどですから、試してみてはいかがでしょうか。

また、仕事上でストレスを感じた時には、仕事が終わってから毎日ストレスを解消することがオススメです。平日だけでも溜め込んでしまうと、やはり体には悪影響でしょうし、解消するとしても時間が掛かる可能性があります。毎日少しずつ解消できれば、当然ですが溜め込みにくくなりますので、心がけてみて下さい。そうすることで、自分自身も毎日仕事をするのが苦痛にならずに済むのではないでしょうか。

生理痛の原因は必ずしもストレスとは言えませんが、もし心当たりがあるのなら、悩む前にまずは対処法を実践してみましょう。ストレスを解消することは肌荒れの予防・改善にも繋がりますので、女性にとっては大きなメリットがあるのです。