生理痛の症状である吐き気とストレス

生理痛の症状である吐き気とストレス

生理痛の症状として吐き気が挙げられますが、吐き気の原因はストレスの可能性があります。また、生理痛のその他の症状もストレスが原因で生じることがありますので、生理痛がひどい人はストレスを取り除くことを意識した方が良いでしょう。

そもそも、なぜ生理痛によって吐き気が生じるのかと言うと、生理の時にプロスタグランジンというホルモンが分泌されるのですが、これには子宮を収縮させる作用があることが原因なのです。子宮の収縮によって下腹部痛が生じることが多いですが、その他の臓器や血管にも影響を与えますので、胃腸に影響を与えた場合は吐き気や胃の不快感などの症状が現れるというわけです。その他にも、生理の時に胃痛や下痢などの症状が現れているのであれば、プロスタグランジンというホルモンが原因だと言えます。

女性はストレスを感じることにより、プロスタグランジンの分泌量が増えがちです。ストレスを多少感じたとしても、すぐに生理痛に影響するわけではありません。長期間に渡ってストレスを感じ、それを発散せずに溜め込むことによって吐き気などの症状が現れますので、症状を改善したいのであれば、ストレスを定期的に発散することが大切なのです。

たとえイライラしていないと自分で思っていたとしても、実はストレスを溜め込んでいるという可能性もあります。意外と自分では気づきにくいものですから、意識してストレスを発散するように心がけましょう。できれば毎日手軽に実践できることを見つけると、生理痛も緩和されやすいのではないでしょうか。

吐き気を生じた時には鎮痛剤や胃腸薬などを服用する人もいるでしょう。しかし、根本的な原因であるホルモンの分泌量を正常化することが大切ですから、薬は服用せずに、ストレスを解消する努力をしてみて下さい。ストレスは肌荒れにも影響しますし、その他の病気の原因となる場合もあります。女性にとってストレスを解消するメリットは多々ありますので、意識してみて下さい。