生理痛とストレスの関係を知ろう

生理痛とストレスの関係を知ろう

生理痛と大きな関係があるのがストレスです。ついストレスを溜め込んでしまう人もいるでしょうが、それが生理痛の原因となることもありますので、要注意なのです。

自分はストレスを感じていないと思う人もいるでしょうが、本当にイライラすることは無いでしょうか?誰でも1日に1度はストレスを感じることがあるのではないかと思います。仕事をするにしても、育児をするにしても、悩むことは多々あるはずです。失敗もするはずです。そのようなことが積み重なると自律神経のバランスが乱れて、ホルモンの分泌量も変化し、生理痛が悪化するという流れになります。

生理痛の原因は多々あるのですが、実際に大きな影響を与えているのはストレスです。ただ、ストレスを感じないようにしようと意識しても、なかなか難しいでしょう。それなら、定期的にストレスを発散することを心がけてみてはいかがでしょうか。ストレスを感じることを防げれば最も良いのですが、溜め込まなければ自律神経のバランスが崩れずに済む可能性は高いのです。意識して、イライラした時には自分の好きなことをして過ごしたり、とにかくリラックスすることが重要です。最も良いのは、イライラした時だけでなく、毎日自分がゆっくりと過ごせる時間を作って、ストレスを溜めにくい環境を作ることです。

意識しないとなかなか難しいことかもしれませんが、気持ちに余裕が生まれることは大切なことです。生理痛を緩和するためだけでなく、イライラしないことが仕事の成功に繋がったり、子育てに余裕が持てるようになったり…色々なメリットが期待できますので、ぜひ心がけてみて下さい。

さて、ストレスの解消法ですが、自分がリラックスできる音楽を、ただ座った状態で聴くだけでも良いですし、マッサージをするのもリラックス効果が得られますのでオススメです。それに、意外だと思うかもしれませんが、体を軽く動かすこともストレス解消に繋がりますので、実践してみてはいかがでしょうか。運動不足が生理痛を招くこともありますので、一石二鳥だと言えるでしょう。