生理痛と低体温の関係

生理痛と低体温の関係

生理痛や不妊症など、婦人科系のトラブルに悩む人は、低体温や冷え性の人が多いといわれています。もちろん、低体温、冷え性の人すべてにトラブルがあるということではありません。ただ、生理痛の原因のひとつとして冷えがあることはよく知られていることだと思います。生理痛があるときにその部分を温めると痛みが和らぐことから、冷え生理は深く関係しているのです。低体温や冷え性に自覚がなくても、腰の周りや下腹部をさわると冷たいと感じてしまう人もいると思います。お腹の部分は服に隠れている部分なので、冷たいと感じるのはいいこととはいえません。

大人の体温は通常36.5度前後といわれていますが、最近は35度台しかないという低体温の女性が増えているようです。それが生理痛の原因となっているということも考えられます。生理痛の原因は骨盤内のうっ血で経血がスムーズに排出されないこと。それによって子宮が強く収縮されるために痛みが起こります。血液循環が悪くなる低体温は、生理痛を悪化させてしまう原因となるのです。また、血液循環が悪くなることで、子宮や卵巣などの働きが低下してしまうことも考えられ、女性ホルモンのバランスが乱れてしまいます。また自律神経が乱れることにもつながります。それ以外にも、免疫力の低下などをひきおこしてしまいます。

低体温の原因として考えられるのは、睡眠不足や過労、ストレスなどでの自律神経の乱れ、冷暖房にとよる体温調節機能の乱れ、食生活の乱れ、甘いもののとりすぎ、などが考えられます。ですから、低体温を改善するには、まずは生活習慣を整えることが大切です。食生活も甘いもの、体を冷やすものは控えめにし、温かいもの、体を温めてくれる食材を積極的にとるようにしましょう。生活習慣の改善は、低体温の根本的な解消につながり、生理痛の改善なども期待できます。しかし、体質を改善し、低体温を改善するためにはある程度時間が必要になります。その間に生理痛がつらくて我慢できないという場合には、痛み止めを使用したり、ホルモンバランスを整える効果がある漢方やサプリなども取り入れてみるといいでしょう。