下着を替えて生理痛を緩和する

下着を替えて生理痛を緩和する

生理痛を緩和できる方法のひとつに、布ナプキンが注目を集めています。布ナプキンは給水シートがついている布で、洗濯をすることで、繰り返し使うことが出来ます。どうしてナプキンを布ナプキンにすることで生理痛を緩和できるのかというと、化学物質を使用していないというところにあります。市販されているナプキンは科学的に作られている素材です。だから、その化学物質に反応し、生理痛が起こったりかぶれてしまうこともあるようです。また、布ナプキンには市販のナプキンのようなヒヤッとした感じがなく、冷えも防止できるところも、生理痛緩和に効果的のようです。

布ナプキンの効果でもそうですが、、体を冷やさないことは生理痛緩和の絶対条件といえます。最近は下着でも生理痛緩和効果が期待できるものがあるようです。お腹の部分が遠赤外線を使用していて、カイロをはっている様な効果が期待できるものです。はいているだけでお腹があたたまります。また、締め付けない下着をつけるというのも大切なようです。生理になるとナプキンがずれないようになどの理由で、きついショーツをはいたり、ガードルをはく人もいますが、締め付けすぎは血流を妨げてしまうので逆効果なのです。血流が悪くなってしまうと、冷えの原因となってしまいます。特に締め付けの強いショーツをはくと、骨盤周りの血流を悪くしてしまうことになるので、かなりの悪影響ということになりますね。適度なフィット感の下着をつけ、体の負担を減らし、血流を悪くしないようにすることも大切です。サニタリーショーツのなかには、前の部分にポケットがついていて、替えのナプキンを入れておけるものもあります。そこにカイロを入れておくこともできるので、便利ですよね。

サニタリーショーツを選ぶときには、デザインなどを重視してしまいがちですが、体を締め付けずに適度にフィットするものだったり、体を温めてくれる効果があるものなどに注目して選んでみることもオススメです。また、普段からオーガニックなど、自然で優しい素材の下着を選ぶというのもいいかもしれませんね。下着を変えるだけで、生理痛を緩和することができるかもしれません。