自律神経を整えて生理痛を緩和しよう

自律神経を整えて生理痛を緩和しよう

生理痛と自律神経。これには深い関係があります。自律神経が乱れてしまうことで、女性ホルモンの働きに影響があり、そのせいで生理中期が乱れてしまったり、体温が下がってしまうことによって生理痛を引き起こしてしまうことがあるのです。自律神経の中枢といわれる視床下部は、女性ホルモンの分泌を支持している部分もあります。自律神経は呼吸や血圧、内臓の働き、体温など、体内環境を整える働きがあります。そして、自律神経は、交感神経と副交感神経の2つに分けることができます。

交感神経は日中など、活動的になる神経で、夕方から夜などにリラックスするのが副交感神経です。この2つの神経は、1日のリズムに合わせて交互に働いていて、それが健康を保つことにもつながっています。この神経の切り替えがうまくいかないと、リラックスできずになかなか眠れなかったり、朝目が覚めてもスッキリしないという状態になってしまいます。自律神経を整えるためには、睡眠時間をしっかり確保することが大切のようです。最低でも6時間は睡眠時間を確保することが進められています。そのほかにも、規則正しい生活をしたり、食事をしっかり取るなど、生活習慣を整えることが大切のようです。仕事で毎日忙しい人も多いとおもいますが、1時間に1度でも、リラックスする時間をとるようにするといいでしょう。緊張のしっぱなしはよくありません。

ゆっくりしたい休日ですが、休日も午後まで寝ていると、生活リズムが崩れてしまいます。生活リズムは崩さずに、意識的にコントロールするようにしましょう。また、自律神経を整える方法もあります。簡単なのは呼吸法です。寝る前にお腹に手を当てて、ゆっくりと息を吸い、ゆっくりとはいてみましょう。これを1から2分繰り返すだけでも副交感神経の働きを助けることができるので、リラックス効果を得ることができます。もしかしたらリラックス効果でそのまま寝てしまうかもしれませんが、それでもOkです。ストレスや刺激が多い現代社会。交感神経の働きが強くなりがちになってしまっています。休憩時間や帰宅後、夜にはリラックスできる時間をとるようにし、自律神経のリズムを整えましょう。そうする事で、生理痛の緩和なども期待できます。