生理は休息日と考える

生理は休息日と考える

生理痛は人それぞれ違いがあります。全くいつもと変わらない程度の人もいれば、動けないくらいの痛みがあるという人もいます。生理期間中は心も体もなんだか調子が出ないもの。そんな時、どのように過ごしていますか?いつもどおりに過ごさなくちゃ!がんばらなくちゃ!!と思って過ごしている人が多いと思いますが、生理痛があるときは特に心身ともに無理をしないことが大切です。

仕事や家事、育児、趣味など、現代女性はやることがたくさんあります。日ごろから忙しい毎日を送り、休息を取れていない女性も多いはずです。ですから、生理期間は休息期間と考えて、ゆっくりとすごすことがオススメです。家事なども生理期間は少し手を抜いてしまいましょう。生理痛がきついときなどには、「調子が悪いから手伝ってくれない?」と、家族に助けてもらうのもいいでしょう。たまには夕食作りを休んで外食をするのもいいでしょう。趣味ものんびりしてみたり、仕事をしている場合には、有給をとるという手もあります。・中には生理休暇が取れる会社もあるようです。身につけるものも、ゆったりとしたものを心がけてみましょう。ダイエットをしている人も、生理期間中はちょっとお休みをして食べたいものを食べるのもいいでしょう。音楽を聴いたり、読書をしたり、散歩をしたり、ゆったりと過ごしてみましょう。

また、生理期間中は眠くなりやすいのですが、眠気に逆らわないことも大切です。眠いと感じるのは、体が休みたいというサインです。眠いと感じたときに寝ることが可能な状況であれば、仮眠を取りましょう。体に抵抗をせず、体を休めましょう。生理期間中は、いつもどおりにしようとがんばりすぎず、体に抵抗せず、無理なく、リラックスをしながら過ごすようにしましょう。そうする事で、生理後をパワフルに過ごすことができますし、つらい生理期間も、毎月の楽しみになるかもしれません。リラックスすることで、生理痛の改善効果も期待できるかもしれませんね。