鎮痛剤、ボルタレンの効果

鎮痛剤、ボルタレンの効果

痛みが強く生理痛が重い場合、病院から薬を処方してもらう人もいます。処方される薬で代表的なものに、ボルタレンがあります。処方されたことはなくても名前を聞いた事があるという人も多いのではないでしょうか。ボルタレンは生理痛に効果的な鎮痛剤です。ただ、効果を十分に得るためには、用法用量をしっかりと守って服用することが大切です。生理痛などの痛みを緩和する薬にはいろいろな種類がありますが、ボルタレンは、消炎鎮痛剤という種類に分類されます。ボルタレンには、生理痛の痛みを起こしている原因物質の働きを抑制する効果があります。しかしそれと同時に、胃を保護するために必要な物質も抑制してしまいます。ですから、ボルタレンだけを服用してしまうと、胃をいためてしまうことも考えられるので、ボルタレンと一緒に胃腸薬も処方されるのが一般的なようです。

このボルタレンですが、他の鎮痛剤と比べると血中濃度が減少しやすくなっています。ですから、生理痛緩和効果があまり長くは続きません。ボルタレンを飲むときには、生理痛の痛みが本当に強いときや、速効性を求めているときに服用するといいでしょう。痛みをやわらげたいからといって決められた量以上の服用をすることは、生理痛の緩和にはならず、逆効果になってしまうこともあります。用法用量をしっかり守り、ボルタレンを飲むタイミングを見ながら服用するようにしましょう。ボルタレンを含め、鎮痛剤全体にいえることなのですが、鎮痛剤は、生理痛の痛みを和らげるものであり、生理痛自体を改善するわけではありません。生理痛の改善には、食事や生活習慣の改善や冷え性の改善、ストレスを溜め込まないことなどがあります。

痛みが強いときに服用するのはいいのですが、まずは根本からの改善をおすすめします。生理痛を根本から改善し、鎮痛剤を飲まなくてもよくなることが理想的なのです。また、鎮痛剤を飲んでも痛みが解消されない場合には、他の病気が原因となっていることもあるので、病院で検査をしてみることをおすすめします。