鎮痛剤の種類 ~ロキソニン~

鎮痛剤の種類 ~ロキソニン~

生理痛の痛みは人それぞれ違います。痛みが全くない人もいますが、生理痛が重い人は起き上がるのが大変なほどつらい人もいるのです。そんなつらい生理痛の救世主といえるのが、鎮痛剤です。鎮痛剤といっても種類がありますが、その代表的なものに、ロキソニンがあります。ロキソニンの働きは、炎症の痛みを和らげるというものです。ですから、生理痛以外にも、罰し後の鎮痛剤リウマチなどにも使用されているようです。

ロキソニンは他の鎮痛剤と比べると副作用が少ないという特徴があります。これまでは病院の処方箋が必要なお薬でしたが、最近は第一三共ヘルスケアより、市販されているものがあり、手に入りやすくなりました。これによって、なかなか病院にいくことができない人でも、副作用の少ないロキソニンを取り入れやすくなったのです。ただ、鎮痛剤全般に言えることなのですが、生理痛の緩和のために服用すると、胃が荒れやすくなるといわれています。ですから、服用時間をできるだけあけるようにしたり、胃腸薬と一緒に飲むなどの工夫をしたほうがいいようです。また、ほかに薬を飲んでいる場合にロキソニンを服用するときには、まず医師に相談をし、OKがでてから飲むようにしましょう。用法用量を守って飲むことも薬を飲むときの基本となってします。必ず守るようにしましょう。薬を飲んでも効果が出ないからといって、必要量以上飲むことは、副作用の原因となってしまいます。副作用が少ないといっても、ロキソニンを飲むことで異常が現れてしまうこともないとは言い切れません。異常があった場合には服用を中止して、医師に相談することもおすすめします。

生理痛を感じている女性は、少しでも生理痛をやわらげたいと思うものです。病院にいきにくかったり、なかなか時間が取れないという場合もありますが、生理痛が重い場合には薬だけに頼らずに病院を受診してみましょう。中には、子宮や卵巣などの病気が原因となっている場合も考えられるからです。鎮痛剤で痛みを抑えている間に病状が悪化してしまうこともあります。早期発見のためにも、まずは受診をおすすめします。