生理になるとどうして眠くなるの?

生理になるとどうして眠くなるの?

生理痛になるとひどい睡魔に襲われてしまうという人も少なくないようです。本当に生理痛の症状はさまざまですね。生理中の眠気も人それぞれ違い、生理前からねむ人がいたり、生理前はなかなか眠れないのに、生理が始まったとたん寝つきがよくなるという人もいます。生理前や生理中に強い眠気に教われる原因には、女性ホルモンが関係しているといわれています。寝るときというのは体温が高めになります。生理前のプロゲステロンが分泌されているときにも、体温が高い高温期になっているので、生理前に眠気を感じてしまうのです。しかし、いっきにプロゲステロンが減少することで、自律神経が乱れてしまいます。寝ているときというのはリラックス状態になっているのですが、自律神経が乱れることによって、興奮状態となってしまい、生理前になると眠れないということが起こるようです。

そのほか、眠気の原因のひとつに痛み止めが考えられます。生理痛の痛みを解消するために痛み止めを服用する人もいると思います。痛み止めの中には眠くなる成分が含まれています。それが原因となって眠くなってしまうのです。痛み止めを飲む場合には、副作用などをしっかり確認してから飲むようにしましょう。眠気が襲ってくると昼間での眠ってしまいたくなりますが、昼寝をしてしまうと夜に眠れなくなってしまうことがあります。昼間の眠気はできるだけ我慢をするか、早い時間に短時間の睡眠をとるようにしましょう。昼間にねて、夜眠れないというのが習慣になってしまうと、不眠症を引き起こしてしまうこともないとはいえません。痛み止めで副作用が気になる場合には、病院で薬を処方してもらうといいでしょう。

また、生理痛が悪化しないように生活習慣を改善したり、食事に気をつけたり、運動を取り入れるのもいいでしょう。サプリメントや漢方などを取り入れる方法もあります。痛み止めも飲みすぎると効果が薄れてくるので飲みすぎには気をつけましょう。そして、痛み止めが効かない場合には、病気が隠れている場合もあるので、注意が必要です。気になる症状がある場合には早めの受診をおすすめします。