生理痛に下痢になる人もいる

生理痛に下痢になる人もいる

生理痛には下腹部に痛みがあったり腰痛を感じる人が多いようですが、中には下痢になってしまう人もいます。生理中だけではなく、生理前から下痢の症状に悩まされてしまう人もいるようです。生理時に下痢になってしまう原因として考えられるのは、冷えがあります。生理中は食欲が落ちてしまうために、冷たいもののほうが食べやすかったりします。だからといって冷たいものばかり食べたり飲んだりすることで、体が冷え、下痢をひきおこしてしまうことがあるのです。生理前や生理中は喉が渇きやすいという人も多く、冷たいものばかり飲んでしまうと、体が冷えてしまいます。また、胃腸が冷えてしまうことでダメージを与えてしまうことにもなるのです。日ごろから冷え症に悩んでいる人も生理痛で下痢になりやすいようです。

ですから、下痢を解消するためには冷え性を改善することが大切です。冷え性を改善するためには日ごろから体を冷やさないようにすることが大切です。飲み物は温かいものを飲むように心がけたり、しょうがやネギ、にんにくなどの体を温めてくれる食材を積極的に取り入れるのもいいでしょう。シャワーだけで済ませてしまうのではなく、湯ぶねにつかって心から体を温めるのも効果的です。最近は薄着で過ごす女性が多いのですが、1枚はおりものを用意するなどして、体が冷えるのを防ぐようにしましょう。また、運動をするのもオススメです。生理中は痛みがあったり憂鬱だったりであまり外出したくないとは思いますが、家の中ばかりに閉じこもっていると逆効果になってしまうことも。下痢で外出するのはつらいのですが、少しでも症状が軽くなったときには、気晴らしに外出してみるのもいいでしょう。動くことで代謝もよくなり体も温まるので、生理痛の改善にもつながります。

下痢が1日何度もあり、トイレから出られないなどの重い症状の場合には、一度病院を受診してみるといいでしょう。原因を知り、適切な治療や改善法を取り入れることが、早めの改善の近道になりますよ。