生理痛と出産の痛みの関係は?

生理痛と出産の痛みの関係は?

生理痛と出産の痛みには関係があるという噂もありますが、残念ながら、これは確かなことではありません。生理痛がひどい人は、出産の時の痛み軽いこともあれば、もちろん非常に痛みが強いこともあるのです。出産の痛みには個人差がありますので、一概には言えません。

生理痛が重いのは、ホルモンバランスが乱れていることが原因であることが多いのですが、これは出産とは関係が無い事なのです。出産の痛みが強いかどうかは、本当にその時になってみなければ分かりません。

初めて出産を迎える人は、生理痛の痛みが気になるでしょうが、出産する時にはできるだけリラックスすることが大切です。たとえば、自分の好きな香りを嗅いだり、音楽を聴くなどの工夫をするのも良いでしょう。ただ、そのような余裕が無いと感じる人も多いですから、念のためリラックスできる方法を用意しておくだけでも構いません。

普段生理痛がひどい人は、辛い思いをしているわけですから、その分出産の時の痛みが軽くなれば良いという希望を持つのは当然だと思います。しかし、妊娠すれば辛い生理は来なくなりますし、産後も授乳をした場合はしばらく生理が再開しませんので、その点は安心感に繋がるのではないでしょうか。

また、人によっては産後の生理痛が軽くなったと感じることもありますので、少しだけ期待を持っておくと、気分的にも違うかもしれません。後はその時を待つしかありませんが、生理痛が重いから出産の痛みは軽いだろうと思うと、そうではない可能性もありますので注意して下さい。

生理痛の痛みとの関係については、実際に出産を経験した友人などに聞いてみてはいかがでしょうか。多分、人によって意見が異なるはずです。また、インターネットで検索しても分かることですが、生理痛の痛みと出産の痛みが繋がる部分は無いと言えますので、その点はあまり気にしないで出産に臨みましょう。ただし、出産の痛みが思った以上に軽かったと感じる人もいますので、あまり不安にならないで下さい。