生理痛がひどい上に出血が少ない場合は?

生理痛がひどい上に出血が少ない場合は?

生理痛がひどくて悩んでいる人は多いでしょうが、中には生理痛がひどいにも関わらず、出血量が少ない人もいるのです。生理になる前の段階から下腹部痛で悩まされているのに、いざ生理が始まってみると出血量が少なく、すぐに生理が終わってしまえば不安になるでしょう。

このような症状が現れる場合は、何らかの病気である可能性も疑われます。たとえば、子宮内膜症によって子宮内膜が別の部分に出来ていると、血液が正常に体外に排出されずに、体内に残ってしまう場合があるのです。その状態を放置すると、下腹部痛などが悪化しますし、出血量も少ない状態が続きますので、なるべく早く治療を受けることが大切です。

それから、妊娠している可能性もあります。妊娠すると、人によっては下腹部痛を生じる事もありますし、着床出血を起こす可能性もあります。着床出血の場合は、出血量はさほど多くありませんので、生理の時の出血量と比較すると明らかに少ないのです。もしその可能性があるのなら、受診したり、妊娠検査薬を試してみると良いでしょう。

また、生理周期が整っているかどうかもチェックポイントとなります。生理周期が乱れているのであれば、生理不順ということになりますし、出血量が少ないことも生理不順に当たるのです。

生理不順の場合はホルモンバランスが崩れていることが原因ですから、ホルモンバランスを整える必要があります。ホルモンバランスが乱れた状態だと生理不順を引き起こすだけでなく、生理痛もひどくなる場合がありますので、辛いと感じるでしょう。

もし自分で原因を突き止めることが難しいのであれば、婦人科を受診してみましょう。受診すれば原因を突き止められるでしょうから、悩んでいる症状が早めに改善されるのではないでしょうか。生理痛がひどいという悩みで婦人科を受診することに抵抗を感じるかもしれませんが、そのような症状で悩んでいる人は意外と多いですから、安心して受診してみましょう。